So-net無料ブログ作成
プロ野球 ブログトップ

元巨人投手・加藤初さん逝去 [プロ野球]

 

元巨人の投手だった加藤初さんが亡くなりました。

享年66歳、死因は直腸がんだったそうです。

 

亜細亜大学からノンプロの社会人野球を経て、72年に西鉄ライオンズに入団。


いきなりローテーションの柱となって、17勝16敗で新人王に輝きました。


その4年後に巨人に移籍。広島戦でノーヒットノーランをあげ、


いきなり15勝4敗の好成績を上げて、長島巨人のV1に貢献しました。

その後も15年にわたって巨人で活躍しました。


加藤さんと言えば、「鉄仮面」とあだ名されるほどのポーカーフェイスで、

ピンチにも動じず相手を抑えてしまう、そんな印象がありました。

 



‘79年は、江川問題で小林繁が巨人から阪神に移籍して
巨人キラーになった年でしたが、


この年の巨人は小林に0勝8敗とまったく勝てませんでした。

その小林が先発してくるとき、巨人は投手・加藤初、
捕手・吉田孝のバッテリーがすごく多かった記憶があります。


この年、加藤は7勝10敗と負けが込みましたが、
それでも黙々と投げ続ける姿が印象的でした。



その2年後の‘81年は12勝6敗。この年、江川が20勝、西本が18勝しましたが、

その次が加藤初だったんですね。そう思うと、感慨深いです。


その後も、’84年に10勝、’86年に14勝と、巨人時代に4度二けた勝利をマーク。

 

引退後は「プロ野球ニュース」(フジテレビ系)で野球解説者として出演していましたが、

斉藤雅樹にインタビューする時、
すごく質問がぎこちなく、朴訥な感じがして可笑しかった。

彼の飾らない人間性が垣間見えたようですね。

 

地味ながら、強い印象を残した加藤投手、ご冥福をお祈りします。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

守備妨害をした阪神・西岡剛の真意とは!? [プロ野球]

10/30、日本シリーズはソフトバンクの優勝で終わりました。
しかし、結果そのものよりも
「守備妨害で試合終了、日本一決定」という前代未聞の珍事に、
全国のプロ野球ファンが騒然となりました。

すると、この出来事の主人公である、阪神・西岡剛選手が、
自身のフェイスブックで「守備妨害」の真意を綴ったそうです。

ことが起こったのは9回表、
1-0と1点ビハインドの阪神の攻撃、1死満塁で打者・西岡。
3ボール、1ストライクから打った打球は、一塁真正面のゴロに。
この瞬間「併殺(ホームゲッツーで試合終了)を確信した」と西岡。
一塁・明石が本塁へ投げてフォースアウト。
捕手・細川が一塁へ投げると、
送球が打者走者・西岡の左手に当たります。
これは西岡がファールライン内を走っていたとして
「守備妨害」を取られ、1-0で試合終了となりました。

このプレイについて、西岡選手は
次のようにコメントしているそうです。

「ラインの内側に入って送球が当たれば、
守備妨害になるのは百も承知です。
その上で、打った瞬間ゲッツーになると思ったので、
少しの可能性にかけて内側から外側に走って行くものを、
ライン上スレスレを走って体に当たれと思いながら走ってました。
僕は送球が当たるときに足が外側にあればいいと思って走ったので、
僕なりにルール上ギリギリのプレーはしたつもりでした」

もしルール通りにラインの外側を走っていたら、
ただの併殺で終わり。
しかしラインぎりぎりに走れば、
送球が体に当って併殺を免れるかもしれない。
そして、審判が守備妨害を見落とす可能性もなくはない・・・。
もちろん可能性は低いけど、
西岡はそんな一縷の望みにかけたわけです。

今回の一件で西岡を非難する人もいると思いますが、
あれは単なるうっかりミスではありません。
「守備妨害」を承知の上での、イチかバチかのプレイだったのです。

まさに、本人曰く「ルール上ギリギリのプレイ」。
それを一瞬の判断でやったのけた西岡に、
プロとしての執念を見た思いです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中畑監督 [プロ野球]

横浜DeNA中畑清監督誕生!!
中畑ファンだった私にとって、うれしいニュースです。
83年の日本シリーズ第3戦のサヨナラヒット、
第6戦の逆転三塁打、塁上でのガッツポーズ、思い出すなぁ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111210-00000533-san-base
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本シリーズ観戦 [プロ野球]

巨人ファンの私ですが、
最近はソフトバンクVS中日の日本シリーズを連日観戦してます。
毎日地上波でナイターが見られるなんて、
ホントに幸せです・・・。

最も印象に残っているのは第4戦の6回裏、
1点ビハインドの中日がホールトンを攻め立てて無死満塁。
ホークスを応援していた私は、「ああ、逆転される・・」と思ってました。
ところが、リリーフの森福が後続を三振、左飛、遊ゴロに打ち取り、
無失点で切り抜けたのです。
これはあっぱれ!
何年かしたら、「江夏の21球」「オマリー×小林の14球勝負」
に匹敵する、「森福の無死満塁斬り」
なんて語り継がれるだろうと思いました。

それはともかく、ナイター見ながらメシ食ってビール飲んでたら
途中で寝てしまい、夜に予定していた仕事ができずじまいでした・・・反省。
やっぱ、食事のときに酒を飲むのは控えようと思いました。

ま、どーでもええことですが・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

波瀾のドラフト会議 [プロ野球]

私、ちょいチャラおやじは巨人ファンなんすけど、
原監督の甥っ子、東海大・菅野投手を日本ハムに取られて悔しいです!!
日ハムと言えば、早稲田大ソフトボール部の大嶋選手を指名しましたが、
ソフトボール部からプロ野球ってルート、あるんすねぇ・・・。
てゆーか、プロ野球のスカウトって、ソフトボール部までチェックしてるのか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

モバゲーって・・・ [プロ野球]

「横浜モバゲーベイスターズ」って球団名、ヘンですよね?
まだ「DeNAベイスターズ」の方がいいよなぁ。

しかし、楽天、ソフトバンクに続き、DeNAって、
最近のプロ野球はどんどんIT化が進んでいくイメージですね。

私らが子供の頃は、大洋、阪急、南海、近鉄、太平洋・・・
って、今思えばのどかな雰囲気でした。

どーでもええことですが・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
プロ野球 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。