So-net無料ブログ作成
検索選択

クリスマスに思ったこと [ドラマ]

 


12/24、12/25はクリスマスでしたが、パーティーなどで盛り上がった皆さんも
多かったと思います。

しかし、自分なんかは日本人だし、キリスト教でもないし、
何でクリスマスなんか、あるんだろうかと・・


むしろ、なくてもええやんと思うくらいです。

そもそも日本のクリスマスって、マスコミとか、一部の企業とか、広告代理店とかが


戦略的に作り上げたイベントですからね。それに乗っかるのはシャクだというか・・・


でもまぁ、今はまだマシになりました。90年代前後のバブル期はもっとひどかった。

クリスマスといえば、若い男女がデートしてホテルに行ってセックスするもの
と決められていて、

それ以外の過ごし方をする人たちは無能扱いですから。ひどいもんですよね。

私なんか、彼女がいない年は、男友達と飲んでて、肩身の狭い思いをしました。

別に何も悪いことしてないのにね。

 

TVドラマでも、こんなのがありました。
(※以下、詳細がうろ覚えなので、間違ってたら見逃してください)


90年放送の「卒業」だったと思いますが、

主人公の中山美穂が、クリスマスにいけすかない男と過ごしている女友達を捕まえて、


「今日は年に1度のクリスマス。なのに、何であんな男と(一緒にいるの?)」
といったセリフがありました。

そこには、
「クリスマスは大事な日だから、好きな人と一緒に過ごすべきである」

という妙なクリスマスイムズが貫かれていました。


もう一つ、88年放送の「君が嘘をついた」。
どんなシチュエーションだったか忘れましたが、

工藤静香が三上博史に向かって
「クリスマスは女の子にとって、1年で一番大切な日なんだよ」と言ってました。


「クリスマスはキリスト教徒にとって一番大切な日」ならわかりますが、


「女の子にとって・・」って、まったく意味不明ですよね。

こんなこと言うバカ女は、マスコミに頭を毒されているとしか思えないし、


こんなセリフを書いた脚本家に殺意すら抱きました。Ww
(後で、野島伸司だと知りましたが)

 

バブル期には、こういうトレンディドラマが本当に多かったです。

今はドラマの世界でも
そんなにクリスマス、クリスマス言ってないので、大分見やすくなりましたね。ww

 

 


倉科カナさん、今度はドロドロ劇に!? [ドラマ]

 


先日、ドラマ「カインとアベル」が最終回を迎えましたが、


この作品でヒロインを務めた倉科カナさん、良かったですね。

中盤、主人公・高田優(山田涼介)とちょっといい感じになる女性。


だけど、本当は優の兄・隆一(桐谷健太)の恋人で、
最終的には隆一と結婚する梓という役どころ。

主人公目線で“素敵な年上のお姉さん”的な雰囲気が良かったです。

あのあふれんばかりの笑顔、癒されます。

 

この倉科さん、ミスマガジン2006でグランプリを獲得して芸能界へ。

2009年のNHK朝ドラ「ウェルかめ」でヒロインを務め、

ほかに「サザエさん」、「名前をなくした女神」、「それでも、生きてゆく」、


「私が恋愛できない理由」、「花のズボラ飯」、「水球ヤンキース」、


ファーストクラス」、「残念な夫。」、「刑事7人」


とドラマの話題作にたくさん出演しています。

現在28歳、女優として脂がのっているときですね。

 

そんな彼女、’17年1月クールのドラマ「奪い愛、冬」で主演を務めます。


彼女の演じる池内光は、仕事も順調で、婚約者(三浦翔平)ともラブラブ。


ところがあるとき、かつて死ぬほど愛した元彼(大谷亮平)と出会い

自制しようとしつつも、彼への愛が再燃してしまう・・・という役です。

しかも、元彼はすでに妻帯者なので、道ならぬ恋、になるわけですね。



このドラマは、同じテレビ朝日の「不機嫌な果実」よろしく、

ドロドロの恋愛模様が描かれていくらしいです。

倉科さん、今回はどんな芝居を見せてくるのでしょう?

夜11:15~の枠ですが、結構際どいセクシーシーンとかもあるのでしょうか?

今から楽しみですね。

 


「逃げ恥」最終回、ついに20%超え!! [ドラマ]

 

話題沸騰のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回が放送されました。


最終回の視聴率は、ついに20%超え!!

タイムシフト(リアルタイムではなく録画して観ている人)も含めると、


ゆうに30%は超えているのではないかと思います。

 

10月~12月クールの連ドラで言うと、
平均20%超えの「ドクターX」は、まぁ別格として(笑)、

「逃げ恥」はそれに続く平均14%台と、かなり好調でしたね。

 

最終回は、みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)はもちろん、
百合(石田ゆり子)と風見(大谷亮平)もくっつき、

なおかつ沼田(古田新太)と梅原(成田凌)というゲイカップルも誕生!?

しかも、日野(藤井隆)の妻役で、リアル奥さんの乙葉が出演・・・

と八方丸く収まる見事なハッピーエンドでした。

うん、やはりこのドラマはこれでよいと思います。

 

物語の中盤、みくりが仕事を始めて夫婦共稼ぎとなり、
家事の分担で意見がぶつかり、

それを修復しつつ生活を立て直していく
・・というあたりの描写も、良かったですね。

夫婦で暮らすというのは、ただ「好き」というだけじゃダメ、
二人で収入を得て生活をしていかなければならない。

そのために建設的に話し合わないといけない ・・なんてことをあらためて考えさせられました。

私は結婚14年目ですが、「そうだ、そうだよな」と共感してしまう部分もありました。

 

脚本の人がなかなかうまいですね。ちょっとしたセリフのやり取りとか。

そして、それを受けるガッキー&星野源の芝居と存在感もすごく良い。

久々に爽やかな気分になれるドラマでした。

 

早くも「逃げ恥ロス」になっている方も多いと思いますがww

しばらくしたら、続編あるんじゃないかな? 期待したいです。

 

 

 


最近のサスペンスドラマの傾向とは? [ドラマ]

 

秋クールのドラマも続々と最終回を迎えています。


先日、「砂の塔」が最終回を迎えましたが、

ストーリーを通して取りざたされていたハーメルン事件の犯人が、
まさかの生方コーチ(岩田剛典)と判明しました。

この衝撃の結末に驚いた視聴者も多かったようです。

ことあるごとに菅野美穂演じる主人公を助けたり、励ましたり・・・

本編では良心の塊のような描かれ方をしてきた彼が犯人だったわけですから。

 

「IQ246」も最終回になりましたが、
Mと言われていた黒幕は中谷美紀演じる森本でした。


彼女は、序盤から主人公の法門寺(織田裕二)の能力に興味を持っていた人物ですが、

これも意外な展開と言えば意外でしたね。

 

このように最近のサスペンスドラマでは、意外な人物、

特に主人公の身近にいて、ややもすると味方に近い人物が
真犯人とか黒幕になっているケースが多いようです。


前のクールになりますが、「そして、誰もいなくなった」では

藤原竜也演じる主人公をずっと苦しめていた黒幕が、
あの虫も殺さぬような優しい青年・日下瑛治(伊野尾慧)でした。

しかも主人公の弟だったという驚き設定!!

 

話は逸れますが、最近試写で観た、ある洋画もそんな設定でした。

主人公に優しく、目をかけてくれた人物が、実は悪の黒幕だったという。

(ネタバレになるので、タイトルなどは言えませんが・・・)

 

どーも最近、こういう設定がトレンドのような気がします。


まぁ、制作者側も大変ですよね。
視聴者をいい意味で裏切る結末にしなくてはいけないので。

 

でもこういうドラマが続いているので、
ドラマの中で絵にかいたような善人が出てくると、


「こいつ、怪しいな」と、ついうがった目で見てしまいがち。ww

来年あたりは、善人キャラが怪しいと思わせておいて、
さらに裏をかくようなドラマが出てくるかもしれませんね。

 

 


また観てしまった「古畑任三郎vs SMAP」 [ドラマ]

 

12/17の昼間に何気なくTVをつけたら、
スペシャルドラマ「古畑任三郎VS SMAP」の再放送をやっていました。

確か本放送は99年の正月で、今まで何度か再放送されているドラマです。


「古畑」ファンの私にとっても、かなり好きな回で
ビデオに録って何回も見ました。セリフも覚えているくらい。

 


やはりSMAPの5人が、それぞれ本人役で出ているのが面白いですね。

ああ、キムタクってこんな感じだよな、
吾郎ちゃんは個人行動が好きなんだろうな、とか

実際のキャラはともかくとして、5人のパブリックイメージ
そのまま演じる役に反映されている感じが良かったです。

そして、あの敏腕マネージャー・前田さん(演者は戸田恵子)のモデルは
おそらくあの方なんでしょうね。

 


一番印象に残っているのは、木村拓哉と香取慎吾がケンカするシーン。

香取「あんたのカッコつけた顔は、もううんざりなんだよ」

木村「はぁ、今、なんつった?」

香取「自分ばっか、おいしいところ持って行っちゃってさあ。
俺と剛君はいつもお笑い担当だよ」


木村「お前、喜んでやっていたんじゃないのかよ」


香取「心の中じゃ、泣いてたんだよ」

二人は犯罪のアリバイ作りのために“お芝居で”ケンカをするわけですが、

でも彼らがリアルでケンカしたらこんな感じなのかなって想像を搔き立てられます。



そして犯行後、SMAPは自ら作ったアリバイをどんどん崩されていき、
最後は古畑の罠に木村がはまってしまう・・

この辺の流れも何度観ても面白い。
もう20回くらい観てますからね。Ww

 

さてさて、SMAPは12/31をもって解散となります。

フジテレビではSMAP特集として、この「古畑~」以外にも

草彅剛主演の「僕と彼女と彼女の生きる道」を再放送中で、

12/24には「世にも奇妙な物語 SMAP特別編」を放送予定です。

香取慎吾出演の「合言葉は勇気」も観たかったし、


フジテレビ以外の局でも、SMAP特集をやってくれるといいのにね。

 


ドラマ「逃げ恥」大ヒットの秘密 後編 [ドラマ]

 

ドラマ「逃げると恥だが役にたつ」の続きです。



「逃げ恥」の人気の秘密、
その二番目は、みくりの妄想シーン。

みくりはいろんな場面で一人の世界に入って妄想する女子なのですが、

その妄想シーンの中で、同じTBS系の「情熱大陸」や他局の「朝まで生テレビ」など、
いろんな番組のパロディーが出てきます。


これがバカバカしいけど、慣れてくるとクセになります。



そして三番目は、ガッキーの可愛さ。

劇中、津崎が朝、みくりに「いってらっしゃい」と見送られて、
「可愛すぎる~」とへたり込むシーンがありましたが、


あの津崎の気持ち、分かります!!

あるいは、みくりが津崎に「どんどん好きになっちゃうじゃないですか」とか・・

あんなセリフ言われて、津崎がうらやましい~と思った男性も多かったのでは?

そして、忘れちゃならない、ラストの「恋ダンス」!! ガッキーのダンスが最高に可愛いですね。

Youtubeの「踊ってみた」でいろんな人たちがコピーしているのも分かります。

ガッキーと言えば、かつて「ポッキー」や「十六茶」のCMでも
楽しいダンスを踊っていました。

クリエイターからすると、ダンスさせたくなる女優さんなんでしょうね。

 yjimage.jpg

さてさて、来週12/20にいよいよ最終回を迎えます。

これまで、ケンカしたり、すれ違ったり、偽装新婚旅行に行ったり、


いろいろな経験を踏みつつ、距離を縮めてきた二人。


ついに、津崎はみくりに「本物の結婚をしよう」とプロポーズしますが、

とある理由によってみくりに呆れられ、拒否されてしまいました。

これが前回までの話。

 

最終回では、この溝を修復して、見事二人は結婚できるのか?

それとも、予想もしない別の展開があるのか? はたまた、続編はあるのか?

興味は尽きませんね。

 

 


ドラマ「逃げ恥」大ヒットの秘密 前編 [ドラマ]

 

火曜22:00~にTBS系で放送されている連ドラ「逃げると恥だが役にたつ」、
通称「逃げ恥」が大人気です!!

初回から回を追うごとに視聴率がアップして、先日放送された10話では17%超え。

TBS系の火曜22:00枠では、歴代最高視聴率を記録したんだとか。

また、見逃し配信も多く、過去最高の「下町ロケット」の通算700万回を超えて
1000万回を記録。

同じ回を2、3回リピートして観てる人もいるとか。
ん~、これはもう社会現象になっていますね。


「逃げ恥」を知らないという人のために、あらすじを紹介しますと・・・

派遣切りにあい、突然職を失った主人公・森山みくり(新垣結衣)は、

ひょんなことから平凡なサラリーマン・津崎平匡(星野源)の家事手伝いをすることに。

そこで真面目に働いて津崎の信頼を得たみくりは、ある提案をします。


「偽装結婚」という形をとり、このままずっと津崎の家事をして給料をもらいたいと。

こうして、みくりと津崎は表向きには「夫婦」になりますが、
実際には、あくまでも雇用関係でのみつながっているわけです。

ところが、一緒に暮らすことで、お互いを異性として意識し合い始めて・・・
という感じです。

 

特に目新しさもないラブコメだと思います(汗)。

このストーリー設定や、星野源を見ていると「韓流ドラマか?」と思ってしまうほど。


しかし、今、これが凄く受けているのです。



第一の要因としては、
キャラクターやストーリー設定が今の時代とマッチしていること。


津崎は35歳で未婚、彼女ナシ、高齢童貞。
恋愛に関しては全く自信がなく、自分の気持ちを素直に言えません。


みくりは25歳で、過去には彼氏もいたそうですが、恋愛経験はあまり豊富ではない。


そんな変わり者の二人が、惹かれ合いながらも、なかなか恋愛として進展しない。

観ていてじれったくなるほどですが、それが「ムズキュン」として、
今の若者たちの共感を呼んでいるそうです。

今から10年前ならヒットしなかったようにも思えますが、
まさに時代とのマッチングの勝利なんでしょうね。

 

で、この続きはまた後で・・・。


主演だけど、主人公じゃない!? [ドラマ]

フジテレビ系で4月からスクールサスペンスドラマ
「She」(土曜・後11時40分)がスタートします。
松岡茉優が連続ドラマ初主演で、
「主人公の親友」という難しい役柄に挑戦するんだとか。

ある高校で、学年一の美女がこつ然と姿を消し、

この主人公である「彼女」の親友で、

ジャーナリストを目指すクールな才女(松岡)が、
失踪の理由とその裏に潜む真実に迫っていきます。


主人公の「彼女」は消えているので、物語には出てこず、
実質、松岡さん演じる彼女の親友が物語を引っ張っていくのでしょうね。

あれ?
ということは、主人公は松岡さんでいいんじゃないの?

でもドラマの資料によると、
主人公はあくまで消えた彼女であって、
松岡さんは主演だけど、主人公じゃない
・・・って頭がこんがらがってくる(笑)

いずれにしても重要な役らしいので、期待しましょう。

 

 


「相棒」の次の「相棒」は? [ドラマ]

1~3月クールのドラマが最終回を迎えましたが、

「相棒」の最終回、評判最悪でしたね~。

「甲斐享が犯罪者だった。そして2年半もの間、右京がそれに気づかなかった」

という展開が「納得いかない」と言われました。

確かにインパクトはありましたけどね・・・。批判はもっともです。

 

さてさて、次の相棒は誰になるのか? 巷でいろんな意見が出ていますが、

すでにゲスト出演している仲間由紀恵さんが一歩リードというところでしょうか?

女・相棒って、見てみたい気がします。でも、あまり長続きもしなさそう・・・。

いっそりこと、1シーズンごとに交代でも良いのでは? 

 


NHK朝ドラ 「ん」の法則って何!? [ドラマ]

 ヤフーニュースで、こんな内容の記事がありました。


NHK朝ドラの「マッサン」が、3/28で最終回。
ここまでの平均視聴率は20%を超えていて、
NHK朝ドラは2013年前期の「あまちゃん」から
「ごちそうさん」「花子とアン」「マッサン」まで
4作連続で平均視聴率20%超えは確実です。


この朝ドラ高視聴率の裏には「ある法則」があります。
それは、「あまちゃん」から「マッサン」まで、
いずれもタイトルの最後が「ん」になっていること。
なんでも「ん」という字は書き終わると上に伸びるので
「視聴率が伸びて終えることにつながる」というゲン担ぎの意味もあるんだとか。

ところが「マッサン」の後を受けて3/30からスタートする
ドラマ「まれ」には「ん」が付いていません。
「“ん”の法則」から外れた「まれ」は果たして高視聴率を取れるのか?


・・・とまぁ、そんな内容でした。
これを読んで僕は「ちょっと待って、ちょっと待って」と思いました。

考えてみてください。
「まれ」の最後の「れ」の字も、書き終わると上に伸びますよね。
ということは、「ん」と同様のゲン担ぎができるのではないですか?
「ん」がついてなくても問題なし、だと思います。

でも、この法則って面白そうですね。
他にも、タイトルが「ん」「ン」で終わる今期のドラマを探してみると・・・

「学校のカイダン」(日テレ)、「流星ワゴン」(TBS)

花嫁のれん」「問題のあるレストラン」(以上、フジ)

と、結構あります。
それとは逆に、書き終わると下に伸びる文字で終わるタイトルのドラマは・・・

「まっしろ」「ウロボロス」(以上、TBS)、

「残念な夫」(フジ)、「五つ星ツーリスト」(日テレ)

どうやら「んの法則」にこだわっているのはNHKさんだけ、なのかもしれません。
今度、4月スタートのドラマでも調べてみましょうかね?

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。